名古屋の自転車プロショップ フクイサイクル

フクイサイクル - 自転車ライフをもっと楽しく!

アイテムラインナップ

トレーニングをしている人に!『オススメ筋トレ飯』

2018-05-29 15:18:38
カテゴリ | その他グッズ,自転車,補給食

今回のブログ記事は自転車屋さん的にはあまり関係がないのですが、ライド後の疲れの軽減やパワーアップに繋がる「たんぱく質」のおはなしです。

webや雑誌のロングライド特集などではエネルギーいわゆる「炭水化物」を中心に語られることが多いたべものの話ですが
「たんぱく質」は人力である自転車に乗る全ての方に関係する大切な要素ですので参考にしてみてください!


それではサクっといってみましょう!

筋肉は水分を除いた約80%がたんぱく質でできています。

一般的に1日に必要なたんぱく質は成人男性で約60g(体重1㎏×1g)と言われており
さらにトレーニングなどをしている人では体重1㎏×2g(体重60㎏の人は120g)にもなります。

この量のたんぱく質を食材から摂ろうとすると牛肉で約700g、卵だと20個以上になり
おそらくほとんどの人が足りていないと思います。
たんぱく質が不足すると筋肉量の減少、体力の低下、貧血などの可能性があります。
また、これだけの量をたんぱく質の量にだけに注目して摂取しようとすると同時に多くの脂肪も摂ってしまいます。
逆にたんぱく質を過剰に摂取した場合は脂肪への変換も考えられます。ということで…

コンビニで気軽に買える高たんぱく低脂質の商品をご紹介!

サイクリストならば1度のライド中、1回は立ち寄るであろうコンビニ。

コンビニの筋トレ飯といえばサラダチキンやプロテインバーなどが有名ですが、
意外と知られていない?高たんぱく低脂質商品をご紹介していきます!


●焼豚切落とし 税込¥298
エネルギー:149kcal/たんぱく質:19.8g/脂質:4.2g/炭水化物:8.1g

IMG_6502

肉というと脂質が多そうなイメージですが、こちらはロース肉を使用しており脂身が少ないのが特徴。
醤油ベースの味付けで、薄くスライスされており食べやすいです。
冷たくても美味しく、買ってすぐに食べられます。おつまみにもGOOD


●ほっけの塩焼 税込¥300
エネルギー:133kcal/たんぱく質:18.2g/脂質:6.8g/炭水化物:0g

IMG_6542

レンジでチンするだけですぐ食べれるほっけの塩焼
魚はビタミンやミネラルも豊富なのでたんぱく質以外の栄養源としてもオススメ!
低糖質なので炭水化物抜きダイエットなどにもちょうどいいです。
鶏肉に飽きてきた方にもオススメ


●ほぐしサラダチキン 税込¥198
エネルギー:86kcal/たんぱく質:19.3g/脂質:0.9g/炭水化物:0.3g

IMG_6506

定番のサラダチキンのほぐれたバージョン
この商品はもともとほぐれているので箸で摘まみながら食べれるんです!
これがなかなか便利で、通常のサラダチキンのように汁が垂れてきたり手が汚れたりと
いう事がありません。
パサパサ感も少なく、プレーン味でちょうどいい塩加減


●味付き半熟ゆでたまご 税込¥73
エネルギー:64kcal/たんぱく質:5.8g/脂質:4.2g/炭水化物:0.6g

IMG_6508

完全栄養食といわれるたまご。
たんぱく質は5.8gと少なめですが必須アミノ酸を含んでおりあともう少したんぱく質を摂りたい
という時に大活躍。
卵のタンパク質は白身に多く含まれており黄身はビタミンが豊富です。
脂質は黄身に含まれており、また黄身はコレステロール値も非常に高いので
黄身を残すかどうかはあなた次第!
原材料が鶏卵と食塩のみなのもうれしいポイント

その他にも大豆製品や乳製品などもオススメ
大豆製品は良質な植物性たんぱく質やカルシウム、鉄分などのミネラルも含んでいます。


ちなみにフクイサイクル店頭では良質なたんぱく質を手軽に補給できるこんなスペシャルな商品もあります!さすがパワーバー!

●PowerBar PROTEIN plus チョコレート ¥380
エネルギー:187kcal/たんぱく質:17.1g/脂質:3.9g/炭水化物:17.1g

 IMG_6554[1]

『トライソースプロテイン』(ホエイ、カゼイン、大豆たんぱく)というそれぞれ吸収速度の異なる
独自配合のたんぱく質によって持続的にたんぱく質を補給することが出来ます。
チョコレート味なのに脂質が3.9gに抑えられており炭水化物も17.1g摂れるので運動時のエネルギー源としてもオススメ
脂肪の燃焼や筋肉の合成にもある程度の炭水化物が必要です。

 

私たちのカラダは食べたものでできています。

そして細胞は常に破壊と合成を繰り返しています。

しかし合成するときに材料となる栄養が無くてはカラダは回復や成長をすることができません!

走った後に喉が渇いて水分を取るのと同じように筋肉も使ったらたんぱく質を補給してあげる必要があります。
今回紹介したこれらの食材やプロテインなどを上手に摂取しトレーニングの効果を最大限に活かしましょう!

 

 

pick up!!