名古屋の自転車プロショップ フクイサイクル

フクイサイクル - 自転車ライフをもっと楽しく!

アイテムラインナップ

EDDY MERCKX エディメルクス 2019モデル正式発表されました!

2018-07-27 16:09:51
カテゴリ | ロードバイク,自転車

eddy-merckx-logo-bike-1

復刻した懐かしいロゴをひっさげ、2019年から正式にRIDLEY社と同グループに入り、ハイエンドラインを担当することになったエディメルクス。

自転車大国ベルギーの威信をかけて2019年もパワフルに展開していくもようです。

エディメルクスって??という方は過去のBLOG
EDDY MERCKX 今選ぶべき最強のロードバイク「エディメルクス」|フクイサイクルまとめ
をご一読くださいませ!

次期メルクスはハイエンドラインのみの展開ということで完成車はアルテグラ以上、フレームは20万円オーバーのみが並びます。
イメージ的にはLOOKやTIMEといったハイクラスのみのブランドに仕上げていく流れですね。

エディメルクスのもつ歴史を背景に素晴らしい品質や設計、デザインなど十分なポテンシャルを持つブランドだからこそ、そういった方向転換は正解なのではないでしょうか。
ただ、現在の日本での展開も考え、一部ティアグラや105の完成車も日本向け限定で継続して生産されますので
結果的に2019年は新デザインの追加くらいの変化に落ち着いています。

それでは早速発表された来期のメルクスをご紹介!

サンレモ76

セカンドモデルでありながら高いレーシングパフォーマンスを誇る「サンレモ76」は継続。
追加された懐かしいクラシックスタイルのデザインはマットネイビーにグロスホワイトのラインで落ち着いた仕上がり。

DSC_0696

DSC_0697

DSC_0717

EM525直系のレーシングモデル「サンレモ」は毎年激しい戦いが繰り広げられる
伝統の1戦ミラノ~サンレモに由来するモデルで、その名の通り
「長い距離~パンチのある急勾配~スプリント」のすべてを高速でこなす為のレーシングフレーム。

歴代最多の7回優勝を飾るメルクスのバイクに相応しいモデルです。

アルテグラDISC完成車1色 480,000円(税抜)
DISCフレームセット3色 298,000円(税抜)
アルテグラキャリパー完成車2色 410,000円(税抜)※昨年と同カラーのブルーシルバーは398,000円(税抜)

ムーラン69

サンレモ76の兄弟車種であるスペシャルロングライドマシン「ムーラン69」はデザイン、価格ともに変更なし。引き続き今年も安定して入手が可能です。

IMG_4801 IMG_4802

メルクスはなんとプロデビューの1969年にツールドフランス総合優勝、ポイント賞、山岳賞全てを手に入れています。
強烈な逃げで8分差という圧倒的なタイム差をつけ、総合優勝を決定づけた第17ステージのゴール地が「ムーラン」。
ロングエスケープを意味するこのフレームは単独での超長距離ライド向けに開発されたロングライドマシーン!

激しいライドにも負けないタフさと快適性を両立したメルクスバイクの2本目の柱的存在です。

限界に挑戦するライダーを力強く支えてくれる事間違いなし。

アルテグラDi2DISC完成車 550,000円(税抜)
アルテグラキャリパー完成車 388,000円(税抜)

ラバレド68

DSC_0701 DSC_0702 DSC_0703

そして昨年フクイサイクルで最も売れたカーボンバイク、サランシュ64が後継モデル「ラバレド68」にバトンタッチ!
1968年ジロデイタリアでメルクスが総合優勝、山岳賞、ポイント賞を総ナメにした伝説の始まりの地を記念しており
これからロードを始めるライダーの輝かしい未来を後押ししてくれるような頼もしいネーミングですね!

ジオメトリはパフォーマンスジオメトリを引き継ぎ、メルクスバイクの神髄である
「パワーアンダーコントロール」を体現した安定感をもつ万能車種。
嬉しいことに今年はフレーム単体販売もスタートです!

DISCフレームセットはなつかしいプジョーカラー

DSC_0699 DSC_0700 DSC_0704

フレームセット220,000円(税抜)
アルテグラキャリパー完成車325,000円(税抜)

 

ブロックハウス67

DSC_0705

唯一のアルミフレームブロックハウス67は本国では廃版との第一報でしたが
日本での人気を反映して日本国内のみ販売継続が決定!!

ティアグラ完成車実測8.6kgフレーム1190g、フォーク320gの金属フレームマニアにはたまらないハイエンドアルミフレームを今年も入手可能です!
先日このタイミングでなんで?とおもわれたシクロワイアードのインプレ記事は来期も継続が決定したからなのですね~

エディ・メルクス Blockhaus67 高い走行性能を秘める軽量アルミレーシングバイク

アルテグラ完成車275,000円(税抜)
ティアグラ完成車207,000円(税抜)

ワレルス73

最後は「ストラスブール71」の後継カーボングラベルフレーム「ワレルス73」

1973年パリルーベのワレルス-アーレンベルクの石畳区間をメルクスが先頭で引きたおした地名が由来。

DSC_0718DSC_0719 DSC_0721 DSC_0720

石畳区間の名前を持つだけあってスルーアクスル、フラットマウントは当然、
タイヤクリアランスはクラス最大の40mmであったり取り外し可能なFD台座、チェーンキャッチャーが組み込まれている
走行環境を問わない走破性の高いバイクですね。

フレームセット275,000円(税抜)

 

その他シクロクロスの「エークロ70」やTTバイク「ルガーノ68」、クロモリフレームの「ルーベ70」、「リエージュ75」、トラックの「コペンハーゲン77」など昨年展開していたバイクもほぼ価格変更なしで継続です。

 

最後に

トップモデルの「em-525」は本国サイトに掲載がありますが今回のタイミングでの日本展開の正式発表は見送られました。
詳細は冬以降発表される模様です。

こちらのデザインもクラシックなペイントとモダンなフレームワークが交わる珠玉の出来です!

EDDY MERCKXベルギー本国サイト

Eddy-merckx-bike-EM525_EMD01Ams_UltegraDi2DB-650x500

 

エディメルクス2019モデルは9月19日まで初回予約受付中!
ロードレース界のレジェンドがお送りするエディメルクスバイシクル、来期もフクイサイクルではイチオシしていきますよ!

ニューカラー、ニューモデルは最速で10月以降の入荷予定となっております!

店頭ではサンレモ76のSサイズ試乗車のご用意がありますのでその運動性能を是非体感してみてください!

IMG_4798

 

11月9日追記)

メルクスがワールドツアーに帰ってくる!

先日2017のベルギーチャンピオン、オリバーナーセンと共にプレスリリースが出されましたが

2019シーズンは山岳モデルとして設計された新型525がAG2Rに供給決定!!

アッセンブルされる各パーツも2018シーズンから総入れ替えでコンポーネントはカンパニョーロ、ホイールはMAVIC、クランクはローター、ペダルはLOOKとなるようです。

alm_eddy_merckx_oliver_naesen_11 alm_eddy_merckx_team_bike_2 image image2 image3

 メルクスの初勝利から50年の節目となる来年のワールドツアーの表舞台でメルクスの活躍が見れそうです!!

 

pick up!!