名古屋の自転車プロショップ フクイサイクル

フクイサイクル - 自転車ライフをもっと楽しく!

アイテムラインナップ

ブリヂストンアンカー2018発表!予約受付開始です!

2017-11-10 12:59:00
カテゴリ | ロードバイク,自転車

DSC_0607 2

ブリヂストンアンカーの2018年プレゼンテーションに参加してまいりましたので、ざっと注目ポイントをご紹介です!

2018年モデル最大のトピックスは販売台数が最も多いミドルレンジであるRS8とRL8がフルモデルチェンジ!

ついに待望のプロフォーマット化です!

prof

pro2

プロフォーマットとはブリヂストン本社とブリヂストンサイクルが共同開発した推進力最大化解析技術!
2016年の初山選手、西園選手による全日本ロード、TTの2冠はこのテクノロジーが存分に威力を発揮した出来事でしたね。

 

簡単に解説すると通常の自転車開発のプロセスは

目標設定→フレーム設計→実車検証→選手インプレの順で開発されますが

プロフォーマットは「目標設定」と「フレーム設計」の間に「分析」というステップを追加
目標を設定した後、想定される環境やフレーム、ライダーの具体的なパラメーターを専用のシュミレーターに入力し
「より進むフレーム」の設計を補助していく設計プロセスの総称なのです!

BB剛性が〇Nm!であるとか史上最軽量〇g!などといった広告しやすいうたい文句ではありませんが
「より進む」というスポーツ車の命題にフォーカスした、細かくて真面目な開発姿勢は
アンカーが生粋のジャパンブランドである事を物語っているようです。

 

そのプロフォーマットを真っ先に採用したフラッグシップであるRS9、RL9は誰に言わせても文句が挙がらないほどの優等生。

国内のインプレライダー、ショップ店長が選ぶロードバイクベストバイ2017ではハイエンドのレース向け、ロングライド向けとして名だたる海外ブランドと肩を並べて絶賛されるほど。
実際走らせてみてもとにかくよく進む!それでいてそれぞれの特徴がよく表れている最高のバイクです。

新型RS8、RL8はその兄貴分9シリーズの金型をそのまま借り受ける形で製造され各剛性レベルをホビーライダー用に調整しているので、価格以上の性能を有している事が各メディアの試乗インプレで明らかになってきています。

今回のブリヂストンアンカーの発表会で国内流通するスポーツ車の2018年モデルが全て出そろった形になりましたが
最後の最後で大注目の2台が登場してきましたね!

お値段と仕様は以下の通り。(すべて税抜本体価格です。)

 

 RS8 アルテグラ完成車335,000円 105完成車255,000円 フレーム180,000円

DSC_0631 2

DSC_0632 2

RL8 アルテグラ完成車335,000円 105完成車255,000円 フレーム180,000円

DSC_0623 2

DSC_0626 2

 

そしてもうひとつのトピックスはアンカーが誇る世界で唯一の技術ネオコットクロモリ
25周年を迎えた今年、トップモデルのRNC7がフルモデルチェンジを果たしました!

 DSC_0637 2

DSC_0638 2

DSC_0644 2

最新の25cタイヤ標準(28c可)設計に変更。

Wレバー台座廃止で内装Di2標準対応。


BBラグ復活、そしてなにより90年台後半~00年台前半までのレーシングカラーを髣髴とさせる斜めカットのカラーリングに!

そもそもネオコットは複雑な工程を経て、自転車の応力に最適化した無段階肉厚のカスタムバテッドクロモリチューブのこと。
ブリヂストンの公式チャンネルでは細かな工程が紹介されています。

現在のカーボンバイクで行われている素材の最適化を90年台に、しかもクロモリでやってしまったアンカー伝統のテクノロジー!
このご時世に100%メイドインジャパンで生産されるクロモリフレームをこの25周年の節目に手に入れてみては!?

 

RNC7 105完成車 260,000円 フレーム170,000円

DSC_0655 2

RNC3 105完成車 195,000円 ソラ完成車140,000円 フレーム95,000円

DSC_0645 2

 25周年記念カラーの限定フレームは11月末よりオーダーを受付開始するようです!

 

アンカーの売りの一つであるカスタムカラーですが今年は新たにネオン系2色、アース系3色の5色が追加され
ロゴカラーにレッドとネオンイエローがアウトラインなしで登場!

いままでのアンカーにはなかったような個性的なカラーレイアウトも可能になっているので
カラーシュミレーターで遊んでみてください!(2018年仕様の公開はもうしばらく後のようです)

展示会ではカーキのRS8やレッドオンレッドのCX6Dなど新しい雰囲気のバイクが並んでいました。

DSC_0614 2 DSC_0617 2

 

最後はフィットネス、スポーツグレードのRL3という末っ子が新登場。
RL6と同一のフルカーボンフォークを搭載したプロフォーマット仕様(!)のエントリーバイク。

DSC_0619 2 DSC_0618 2 DSC_0683 2

補助レバーも付くので初めてのドロップハンドルを考えている方にも安心して挑戦していただけます。
フラットバーモデルも久々の登場なのでアンカーのクロスバイクを待ち望んでいた方には嬉しい知らせ!

ソラ完成車DROP 105,000円 ソラ完成車FLAT 93,000円

 

12月5日(火)まで、恒例の予約特典付きオーダー受付いたします!
1年で最もお得に日本が誇る最先端バイクのオーナーになれちゃいますよ!
ご予約おまちしております!!

 

pick up!!